実績

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(www.checkpoint.com)は、世界中の企業や官公庁を対象にサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する世界トップクラスのセキュリティ専門企業です。チェック・ポイントのソリューションは第5世代のサイバー攻撃に対応しており、マルウェアやランサムウェア、標的型攻撃に対する検出率は業界最高水準を誇ります。チェック・ポイントは、マルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャと、企業のネットワーク環境、クラウド環境、モバイル環境をあらゆる攻撃から保護する第5世代の高度な脅威対策に加え、直感的で使いやすい総合的なセキュリティ管理ソリューションを提供を提供しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。


企業情報
Check Point Software Technologies Ltd.

ティッカー・シンボル
NASDAQ: CHKP

設立年
1993年

ミッション
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、インターネット・セキュリティにおけるトップ企業として、インターネットやデータの安全性、信頼性、可用性の向上を創業当初からのミッションとしています。お客様の真のニーズに応えながら、セキュリティの世界に変革をもたらす革新的なソリューションの開発に力を注いでいます。

米国本社
カリフォルニア州サンカルロス

インターナショナル本社
イスラエル、テルアビブ

社員数
約5,000人

業界におけるリーダーシップ

  • IDC MarketScapeレポートで「Mobile Threat Management」のリーダー(2017~2019年)
  • ガートナー社の「Magic Quadrant for Enterprise Network Firewall」のリーダー・クアドラント(1999~2002年、2004~2018年)
  • ガートナー社の「Magic Quadrant for Mobile Data Protection」のリーダー・クアドラント(2001~2015年)
  • ガートナー社の「Magic Quadrant for Unified Threat Management(UTM)」のリーダー・クアドラント(2010~2018年)
  • Forrester Waveレポートで「Endpoint Security Suites」のリーダー(2018年)
  • NSS Labsの侵害防御システム(BPS)テストで「Recommended(推奨)」評価(2017年)
  • NSS Labsの侵害検出システム(BDS)で「Recommended(推奨)」評価(2015~2017年)
  • NSS Labsの次世代ファイアウォール・テストで「Recommended(推奨)」評価(2011~2017年)
  • NSS Labsのネットワーク・ファイアウォール・テストで「Recommended(推奨)」評価(2011年、2013年)
  • NSS LabsのNGIPSテストで「Recommended(推奨)」評価(2016年)
  • NSS LabsのIPSテストで「Recommended(推奨)」評価(2011~2013年)

特許
チェック・ポイントの製品は、業界最先端のセキュリティ技術を搭載しています。現在、米国で73件の特許を取得済み、30件以上を出願中であるほか、米国外でも特許取得済み・出願中の案件があります。


顧客
チェック・ポイントの製品とサービスは、大規模企業からサービス・プロバイダ、小中規模企業、個人ユーザまで、幅広く提供されています。導入組織数は世界で10万以上、使用ユーザ数は数百万に上ります。

アワード/業界からの評価
業界のリーダー企業であるチェック・ポイントは、世界中で高い評価を得ています。
詳細については、アワードをご覧ください。

主な企業買収

  • 2018年10月: Dome9
  • 2015年4月: Lacoon Mobile Security
  • 2015年2月: HyperwiseのCPUレベルの脅威対策技術
  • 2011年10月: Dynasec
  • 2010年6月: Liquid Machines
  • 2009年12月: FaceTime Communicationsのアプリケーション・データベース
  • 2009年3月: Nokiaのセキュリティ・アプライアンス事業
  • 2007年1月: Protect Data
  • 2007年1月: NFR Security
  • 2004年3月: ZoneAlarm

販売網
チェック・ポイントの製品は、以下を通じて世界中に販売されています。

  • ディストリビュータ、OEM企業、販売代理店、OPSECパートナー、MSP
  • チェック・ポイントのソリューションは、数千社のチェック・ポイント認定パートナーを通じて、販売、導入、保守されています。

学術研究
チェック・ポイントは、CPIIS(Check Point Institute for Information Security)を通じて学術情報やコンピューティング・セキュリティの調査を推進しています。同組織では、研究助成金や奨学金を提供しているほか、学界と産業界の連携を促進するさまざまなワークショップもサポートしています。CPIISの詳細については、こちらをご覧ください。

所在地
チェック・ポイントは、イスラエルのテルアビブにインターナショナル本社を、カリフォルニア州サンカルロスに米国本社を置いています。米国内の営業拠点は、アラバマ、アリゾナ、南・北カリフォルニア、コロラド、フロリダ、ジョージア、イリノイ、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ニューヨーク、ニュージャージー、オハイオ、ペンシルバニア、テキサス、バージニア、ワシントン、ウィスコンシンに、カナダではオンタリオにあります。

また、オーストリア、ベラルーシ、ベルギー、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、英国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、日本、香港、中国、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、メキシコ、カナダに子会社を設立しています。