不確実性を増すサイバー空間で組織の安全を守るには

チェック・ポイントの経営陣は、テクノロジーやサイバー セキュリティ、金融、科学において高度な専門知識を備えています。 いずれも、著名なテクノロジー企業やグローバルなコンサルティング会社で要職を歴任するなど、幅広い経験を有しています。 同じ志の下に一丸となって、インターネットやデータの安全性、信頼性、可用性の向上に取り組んでいます。

ギル・シュエッド、創業者/CEO(最高経営責任者)

ギル・シュエッド

創業者/CEO(最高経営責任者)

チェック・ポイントの創業者の1人、ギル・シュエッドは現在、CEO(最高経営責任者)を務めています。 今日のファイアウォールの礎を築いた人物とされており、ステートフル インスペクション技術などの特許もいくつか取得しています。

シュエッドは、その個人としての業績と業界への貢献を高く評価されており、数々の栄誉や賞を受けています。一例としては、イスラエル賞(イスラエルのテクノロジー業界と慈善活動への貢献を評価されて)、イスラエル工科大学(テクニオン)の名誉理学博士号、テルアビブ大学の名誉理学博士号、世界経済フォーラムの「Global Leader for Tomorrow(未来のグローバル リーダー)」(直接的な専門分野外における公共問題への貢献とリーダーシップを評価されて)、アカデミー オブ アチーブメントのゴールデン プレート賞(ビジネスと技術に対する群を抜く貢献が評価されて)が挙げられます。 また、テルアビブ大学の評議員会長を務めているほか、同大学内に設立されたCheck Point Institute for Information Securityの所長でもあります。

さらに、イスラエルの高校中退率の低減を主な目的とするRashi Foundationによって設立された、Yeholot Associationの役員会の会長を務めています。


ドリット・ドール博士、製品担当バイスプレジデント

ドリット・ドール博士

CPO(最高製品責任者)

チェック・ポイントの製品担当バイスプレジデントであるドリット・ドール博士は、エンタープライズとコンシューマの両部門における、全製品の戦略策定/開発業務を管理しています。 主に、企画構想から市場投入まで、製品管理、研究開発(R&D)、品質保証(QA)の各取り組みを指揮しています。

1995年の入社以来、ドールはチェック・ポイントの研究開発組織において要職を歴任。 同組織の成長に尽力し、優れた多数の製品リリースを管理してきました。 テルアビブ大学の理学士号を優秀な成績で取得した後、同大学でコンピュータ サイエンスの修士号と博士号を取得しています。 また、d次元空間におけるグラフの分解、中央値選択、幾何学パターン マッチングに関するドールの研究論文は、影響力のあるいくつかの科学雑誌に掲載されています。 2019年にはForbesによりイスラエルで最も影響力のある女性の1人に選ばれ、現在は世界経済フォーラムのサイバー セキュリティ センターのメンバーも務めています。 1993年には、イスラエル国防賞(Israel National Defense Prize)を受賞しました。


タル・ペインの写真

タル・ペイン

CFO(最高財務責任者)兼COO(最高執行責任者)

15年以上に及ぶ財務管理の経験豊富なタル・ペインは、2008年のチェック・ポイント入社以来、CFO(最高財務責任者)を務めています。2015年からは、COO(最高執行責任者)も兼任しています。 ペインは、インベスター リレーションズや法務、資金、調達、施設など、チェック・ポイントのグローバル オペレーションおよび財務を監督しています。 チェック・ポイントに入社する前は、Gilat Satellite Networks, Ltd.でCFOを務め、5年以上にわたり財務担当バイスプレジデントの地位にありました。 PricewaterhouseCoopersでの公会計の公認会計士としてキャリアをスタートしたペインは、 テルアビブ大学で経済学と会計学の文学士号、およびMBAを取得しているほか、 公認会計士の資格も保持しています。


ルパル・ホーレンベック123x163px

ルパル・ホーレンベック

CCO(最高商務責任者)

チェック・ポイントのCCO(最高商務責任者)を務めるルパル・ホーレンベックは、社の市場参入機能全般を統括しています。 経営陣の一員として、全世界のセールスおよびマーケティング活動全体に中核的な責任を負っています。

ホーレンベックが経営陣に加わったのは2022年3月です。 それまでは、2021年1月よりチェック・ポイントの取締役を務めていました。 チェック・ポイント以前は、AIハードウェアを扱うシリコンバレーのスタートアップ企業Cerebras SystemsでCMOを務め、 2020年1月まではOracleでシニア バイスプレジデント兼CMO(最高マーケティング責任者)を務めています。 Oracle入社前は23年間にわたりIntel Corporationに在籍しており、グローバル データセンター セールス担当のコーポレート バイスプレジデントおよびゼネラル マネージャ、Intel Chinaのバイスプレジデントおよびゼネラル マネージャなど、数多くのシニア職を歴任しています。 組織の包摂性を高める活動や世界中の女性の能力開発のための活動に取り組んでおり、過去に在籍した企業各社でこれらを目標にしたコミュニティを率いてきました。 ホーレンベックは、南アジアの女性の職場進出を後押しする非営利組織Neythriの創設メンバーの1人であり、ベンチャー キャピタルNeythri Futures Fundを設立した有限責任社員の1人です。 またカリフォルニア州立大学イーストベイ校の非常勤教授兼業界アドバイザーを務めており、経営経済学部で女性のリーダーシップについて教えています。

ホーレンベックは、ボストン カレッジで財政学および国際学の理学士号、アリゾナ州のサンダーバード国際経営大学院で国際経営学の修士号を取得しています。


ピーター・アレクサンダー、CMO(最高マーケティング責任者)

ピーター・アレクサンダー

CMO(最高マーケティング責任者)

チェック・ポイントのCMO(最高マーケティング責任者)であるピーター・アレクサンダーは、チェック・ポイントのすべてのブランディング、運用、戦略的マーケティングを統括しています。 チェック・ポイントに入社する前は、ビデオ配信インフラの世界的リーダーであるHarmonic Inc.でCMOを務めたほか、Cisco Systems Inc.でも15年にわたってシニア マーケティング職を歴任しました。ROLM Corporationのソフトウェア エンジニアとしてキャリアをスタートしたアレクサンダーは、 英国のブラッドフォード大学で電気工学と電子工学の工学士号、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得しています。


シューシェイムの顔写真

シャロン・シューシェイム

情報システム担当バイスプレジデント

シャロン・シューシェイムは、チェック・ポイントのCIO(最高情報責任者)兼テクニカル サービス担当バイスプレジデントを務めています。 2006年からチェック・ポイントに在籍しており、 この間、セールス担当バイスプレジデントも担当しています。 チェック・ポイント入社前は、世界各国の石油ガス探査・生産会社向けにソフトウェア ソリューションを提供する世界最大規模の独立系開発企業Paradigm Geophysicalでコーポレート バイスプレジデントを務め、 それ以前はScitex Corporationに在籍していました。 イスラエル工科大学(テクニオン)で産業工学の理学士号を取得しています。


ヨッフェの顔写真

イフター・ヨッフェ

CHRO(最高人事責任者)

チェック・ポイントの人事担当バイスプレジデントを務めるイフター・ヨッフェは、人事責任者として20年以上のキャリアを有しています。 2013年からチェック・ポイントに在籍しており、現職に就くまでも人事関連のさまざまな管理職を歴任してきました。 チェック・ポイントの人事関連業務を世界規模で統括しており、特に世界中の有能な人材を雇用し、維持することに力を入れています。

ヨッフェはその輝かしいキャリアを、組織コンサルタント兼講師としてスタートさせています。 チェック・ポイント入社前は、DeloitteやAmdocsなどの企業で人事責任者を務めていました。

ヨッフェは、心理学の理学士号と組織行動論の理学修士号を取得しています。 イスラエルのテルアビブに在住し、既婚で2人の子供がおり、熱心なサーファーでもあります。


ギル・シュエッド、創業者/CEO(最高経営責任者)

ギル・シュエッド

創業者/CEO(最高経営責任者)

チェック・ポイントの創業者の1人、ギル・シュエッドは現在、CEO(最高経営責任者)を務めています。 今日のファイアウォールの礎を築いた人物とされており、ステートフル インスペクション技術などの特許もいくつか取得しています。

シュエッドは、その個人としての業績と業界への貢献を高く評価されており、数々の栄誉や賞を受けています。一例としては、イスラエル賞(イスラエルのテクノロジー業界と慈善活動への貢献を評価されて)、イスラエル工科大学(テクニオン)の名誉理学博士号、テルアビブ大学の名誉理学博士号、世界経済フォーラムの「Global Leader for Tomorrow(未来のグローバル リーダー)」(直接的な専門分野外における公共問題への貢献とリーダーシップを評価されて)、アカデミー オブ アチーブメントのゴールデン・プレート賞(ビジネスと技術に対する群を抜く貢献が評価されて)が挙げられます。 また、テルアビブ大学の評議員会長を務めているほか、同大学内に設立されたCheck Point Institute for Information Securityの所長でもあります。

さらに、イスラエルの高校中退率の低減を主な目的とするRashi Foundationによって設立された、Yeholot Associationの役員会の会長を務めています。


ジェリー・アンガーマン、取締役会長

ジェリー・アンガーマン

取締役会長

ジェリー・アンガーマンは、2020年より、チェック・ポイントの取締役会長を務めています。 会長就任前は、2005年から2020年まで取締役副会長を務めていました。 2001年から2005年までプレジデントを務め、1998年から2000年まではエグゼクティブ バイスプレジデントに就任していました。 チェック・ポイント入社以前は、Hitachi, Ltd.の子会社でデータ ストレージを専門とするHitachi Data Systems(HDS)にて、30年以上にわたりハイテク セールス、マーケティングに携わり、また、マネージメントを務めてきました。 グローバル テクノロジー製品/サービスを提供するInternational Business Machines Corp.(IBM)でキャリアをスタートしたアンガーマンは、米国のミネソタ大学で経営管理の文学士号を取得しています。


ヨアブ・シェルシェ、Aviv Venture Capital 業務執行社員

ヨアブ・シェルシェ

Aviv Venture Capital 業務執行社員

ヨアブ・シェルシェは、2006年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 また、同年以降、イスラエル会社法(Israeli Companies Law)の下、チェック・ポイントの社外取締役も務めています シェルシェは、2000年8月より、Aviv Venture Capitalの業務執行社員に就任しています。 Aviv Venture Capitalの前は、1994年12月から2000年7月まで、デジタル イメージング/プリンティング システムの世界的リーダーであるScitex Corp.のプレジデントとCEOを兼任しました。 1979年8月から1994年12月までは、同社のヨーロッパ地域の戦略および事業開発担当バイスプレジデント、マーケティング担当バイスプレジデント、財務担当バイスプレジデントなど、さまざまな管理職を歴任しました。 現在は、Rosetta Genomics Ltd.の取締役会長を務めているほか、民間企業数社の取締役会にも名を連ねています。 そのほか、子供のリーダーシップおよび技術スキルの開発を推進するイスラエルの非営利組織であるTaasiyedaの会長も務めています。 テルアビブ大学で経済学と統計学の文学士号を取得した後、フランス、フォンテーヌブローの経営大学院INSEADでMBAを取得しています。


ガイ・ゲフト

ガイ・ゲフト

筆頭独立取締役

ゲフトは2006年より、イスラエル会社法の下、チェック・ポイントの取締役および社外取締役を務め、 2020年からは、筆頭独立取締役の任に就いています。 現在は、ソフトウェア企業やインターネット技術企業との企業合併のための資金調達を目的とするE.Merge Technology Acquisition Corp.の共同CEO(最高経営責任者)を務めています。 2020年6月にE.Mergeを共同設立する以前は、デジタル プリント技術に特化した世界的企業Electronics for Imaging, Inc.(EFI)のCEOを2000年から2018年まで務めていました。 1995年のEFI入社後、プレジデント、バイスプレジデント、Fiery製品担当ゼネラル マネージャ職を歴任しています。 EFI以前は、Interro SystemsとAppleイスラエル法人で管理職を務めていました。 またイスラエル国防軍(IDF)の将校として技術開発チームを統括し、その後同軍のハイテク師団で責任者代理を務めた経験があります。 現在はLogitech Internationalの取締役にも名を連ねるゲフトは、 イスラエルのベングリオン大学でコンピュータ サイエンスと数学の理学士号を取得しています。


レイ・ロスロック、RedSeal Networks 会長兼CEO

レイ・ロスロック

RedSeal Networks 会長兼CEO

レイ・ロスロックは、1995年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 2000年以降は、イスラエル会社法の下、チェック・ポイントの社外取締役も務めています。 現在は、カリフォルニア州サンタクララに所在するRedSeal Networksの会長とCEOを兼任しています。 1988年、ベンチャー キャピタルのVenrockに入社、1995年からゼネラル パートナーを務めてきましたが2013年に退職しました。 そのほか、民間企業数社でディレクターに就任しています。 米国のテキサスA&M大学で工学の理学士号、マサチューセッツ工科大学で理学修士号、ハーバード ビジネス スクールでMBAを取得しています。


タル・シャヴィト博士、組織コンサルタント

タル・シャヴィト博士

組織コンサルタント

タル・シャヴィト博士は、2000年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 イスラエルと米国の企業間の国際的連携を専門とする組織コンサルタントとして、効果的な連携体制を構築するための異文化マネージメントに関するコンサルティング業務にあたっています。 主な業務としては、経営陣との協業による、企業活動の原動力となる組織文化の定義などがあります。 そのほか、市場の変化への適合を目的とした効果的な合併買収や管理職の再定義を通じて、組織の成長重視に焦点を当てた構造改革に取り組む企業数社のコンサルタントを務めています。


エヤル・ウォルドマン

取締役

エヤル・ウォルドマンは2020年、チェック・ポイントの取締役会に加わりました。 1999年3月から、自身が共同設立したMellanox Technologiesのプレジデント、CEO、取締役を務めていましたが、2020年4月、同社はNVIDIAにより70億ドルで買収されています。 1999年3月から2013年6月まではMellanox Technologiesの取締役会長、 1993年3月から1999年2月までは、自身が共同設立した半導体企業Galileo Technology, Ltd.のエンジニアリング担当バイスプレジデントを務めました。同社は1997年に株式公開し、2001年1月、Marvell Technology Group, Ltd.により27億ドルで買収されています。 1989年8月から1993年3月にかけては、Intel Corporationにて設計に関する複数の役職を担当しました。 この間、「IAA(Intel Achievement Award)」と「年間最優秀社員賞」を受賞しています。 このほか、現在および過去に複数の非公開企業で取締役を務め、 2020年にはPliopsの取締役にも就任しています。 イスラエル工科大学(テクニオン)でコンピュータ工学の理学士号と電気工学の理学修士号を取得しており、 2016年6月には同学から名誉博士号を授与されています。


シャイ・ワイス

Virgin Atlantic Limited CEO(最高経営責任者)

シャイ・ワイスは、2018年よりチェック・ポイントの取締役を務めています。 近年では、Virgin Atlantic LimitedのCEO(最高経営責任者)を務め、2012年には同社の常務取締役にも就任しています。 2017年には同社のCCO(最高商務責任者)を、Virgin Management Limitedから同社に加わった2014年にはCFO(最高財務責任者)を務めています。Virgin Management Limitedでは、2012年から投資パートナーとなり、Virgin Green Fundの創業パートナーにもなっています。 Virgin Group入社以前は、英国およびヨーロッパで最大のケーブル テレビ局ntl:Telewest(現Virgin Media)にて、コンシューマ プロダクト担当マネージング ディレクター、オペレーション担当ディレクター、コンシューマ部門の財務計画担当ディレクターなど、複数のシニア管理職を歴任しています。 ニューヨークのコロンビア大学でMBAを取得し、ニューヨーク市立大学バルーク校で経営学士号を取得しています。



×
  フィードバック