最新のランサムウェアパンデミックから保護を維持する方法の詳細

チェック・ポイントの経営陣は、テクノロジーやサイバー セキュリティ、金融、科学において高度な専門知識を備えています。 いずれも、著名なテクノロジー企業やグローバルなコンサルティング会社で要職を歴任するなど、幅広い経験を有しています。 同じ志の下に一丸となって、インターネットやデータの安全性、信頼性、可用性の向上に取り組んでいます。

ギル・シュウェド、チェックポイントソフトウェアの創設者兼CEO

創業者/会長兼CEO(最高経営責任者)

創業者/CEO(最高経営責任者)

チェック・ポイントの創業者の1人、ギル・シュエッドは現在、CEO(最高経営責任者)を務めています。 シュウェド氏は現代のファイアウォールの発明者と考えられており、同社のステートフル検査技術などいくつかの特許を執筆

しており、イスラエルのハイテク産業への貢献や慈善活動、テクニオンの名誉科学博士であるイスラエル工科大学など、個々の業績や業界貢献に対して数々の称賛を受けています。 テルアビブ大学の名誉科学博士、世界経済フォーラムの明日のグローバルリーダーは、当面の専門的利益を超えた分野での公務とリーダーシップへのコミットメント、およびビジネスと技術への革新的な貢献に対する功労アカデミーのゴールデンプレート賞を受賞しました。 また、テルアビブ大学の評議員会長を務めているほか、同大学内に設立されたCheck Point Institute for Information Securityの所長でもあります。

シュウェド氏は、ラシ財団によって設立されたYeholot協会の取締役会の議長を務め、とりわけイスラエルの高校中退率を下げることに焦点を当てています。


ドリット・ドール博士、チェックポイントソフトウェアの製品担当副社長

ドリット・ドール博士

最高製品責任者

チェック・ポイントの最高製品責任者であるDorit Dorは、企業部門と消費者部門の両方で、すべての製品定義および開発機能を管理しています。 主に、企画構想から市場投入まで、製品管理、研究開発(R&D)、品質保証(QA)の各取り組みを指揮しています。

1995年の入社以来、ドールはチェック・ポイントの研究開発組織において要職を歴任。 同組織の成長に尽力し、優れた多数の製品リリースを管理してきました。 Dor博士は、テルアビブ大学でコンピュータサイエンスの博士号と修士号を取得し、理学士号を取得した上で学問を卒業しています。 また、d次元空間におけるグラフの分解、中央値選択、幾何学パターン・マッチングに関するドールの研究論文は、影響力のあるいくつかの科学雑誌に掲載されています。 2019年、Forbesはイスラエルで最も強力な女性の一人としてドール博士を指名し、彼女はサイバーセキュリティのための世界経済フォーラムセンターのメンバーです。 1993年には、イスラエル国防賞(Israel National Defense Prize)を受賞しました。


タル・ペインの写真

タル・ペイン

CFO(最高財務責任者)兼COO(最高執行責任者)

15年以上に及ぶ財務管理の経験豊富なタル・ペインは、2008年のチェック・ポイント入社以来、CFO(最高財務責任者)を務めています。2015年からは、COO(最高執行責任者)も兼任しています。 ペインは、インベスター・リレーションズや法務、資金、調達、施設など、チェック・ポイントのグローバル・オペレーションおよび財務を監督しています。 チェック・ポイントに入社する前は、Gilat Satellite Networks, Ltd.でCFOを務め、5年以上にわたり財務担当バイスプレジデントの地位にありました。 PricewaterhouseCoopersでの公会計の公認会計士としてキャリアをスタートしたペインは、 ペイン氏は、テルアビブ大学で経済学と会計学の学士号とエグゼクティブM.B.A.を取得しています。 公認会計士の資格も保持しています。


ダン・イェルシャルミ、チェックポイントソフトウェアの最高顧客責任者

ダン・イェルシャルミ

CCO(最高顧客責任者)

チェック・ポイントのCCO(最高顧客責任者)であるダン・イェルシャルミは、カスタマー・エクスペリエンス向上に注力し、世界規模のセールス・フィールド・オペレーションおよびエンジニアリング、チャネル・セールス、戦略的技術を管理しています。

イェルシャルミは、テクノロジー、銀行、および通信分野の大規模企業で経営幹部を務めてきました。 チェック・ポイントに入社する前は、イスラエル最大の銀行であるBank Leumi LTDの初代エグゼクティブ・バイスプレジデント、グループCTO(最高技術責任者)、COO(最高執行責任者)を歴任したほか、 多国籍テクノロジー企業であるAmdocsで広告およびメディア部門EMEA地域担当プレジデントやリージョナル・バイスプレジデント、クライアント・ビジネス・エグゼクティブも務めました。 テルアビブ大学でコンピュータ・サイエンスと心理学の文学士号、バーイラン大学で心理学の修士号を取得しています。 2016年には、『CIO 100』誌で業界をリードする最高技術責任者の1人に選出されました。


ピーター・アレクサンダー、チェックポイントソフトウェアの最高マーケティング責任者

ピーター・アレクサンダー

最高マーケティング責任者

チェック・ポイントのCMO(最高マーケティング責任者)であるピーター・アレクサンダーは、チェック・ポイントのすべてのブランディング、運用、戦略的マーケティングを統括しています。 チェックポイントに入社する前は、ビデオ配信インフラストラクチャのグローバルリーダーであるハーモニック社でCMOを務め、シスコシステムズ社でシニアマーケティングの役割を15年間務めました。 英国のブラッドフォード大学で電気工学と電子工学の工学士号、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得しています。


ギル・シュウェド、チェックポイントソフトウェアの創設者兼CEO

創業者/会長兼CEO(最高経営責任者)

創業者/CEO(最高経営責任者)

チェック・ポイントの創業者の1人、ギル・シュエッドは現在、CEO(最高経営責任者)を務めています。 シュウェド氏は現代のファイアウォールの発明者と考えられており、同社のステートフル検査技術などいくつかの特許を執筆

しており、イスラエルのハイテク産業への貢献や慈善活動、テクニオンの名誉科学博士であるイスラエル工科大学など、個々の業績や業界貢献に対して数々の称賛を受けています。 テルアビブ大学の名誉科学博士、世界経済フォーラムの明日のグローバルリーダーは、当面の専門的利益を超えた分野での公務とリーダーシップへのコミットメント、およびビジネスと技術への革新的な貢献に対する功労アカデミーのゴールデンプレート賞を受賞しました。 また、テルアビブ大学の評議員会長を務めているほか、同大学内に設立されたCheck Point Institute for Information Securityの所長でもあります。

シュウェド氏は、ラシ財団によって設立されたYeholot協会の取締役会の議長を務め、とりわけイスラエルの高校中退率を下げることに焦点を当てています。


ジェリー・ウンゲルマン 副会長 取締役会

ジェリー・ウンゲルマン

取締役会長

ジェリー・ウンゲルマンは2020年から取締役会長を務めています。 この任命に先立ち、2005年から2020年まで取締役会の副会長を務めました。 2001年から2005年までプレジデントを務め、1998年から2000年まではエグゼクティブ・バイスプレジデントに就任していました。 チェック・ポイント入社以前は、Hitachi, Ltd.の子会社でデータ・ストレージを専門とするHitachi Data Systems(HDS)にて、30年以上にわたりハイテク・セールス、マーケティングに携わり、また、マネージメントを務めてきました。 ミネソタ大学で経営管理の学士号を取得した後、グローバルテクノロジー製品およびサービス会社であるインターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション(IBM)でキャリアをスタートさせました。


ヨアフ・チェルーシュ、マネージングパートナーのアビブ・ベンチャー・キャピタル

ヨアフ・チェルーシュ

Aviv Venture Capital 業務執行社員

ヨアブ・シェルシェは、2006年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 また、同年以降、イスラエル会社法(Israeli Companies Law)の下、チェック・ポイントの社外取締役も務めています シェルシェは、2000年8月より、Aviv Venture Capitalの業務執行社員に就任しています。 Aviv Venture Capitalの前は、1994年12月から2000年7月まで、デジタル・イメージング/プリンティング・システムの世界的リーダーであるScitex Corp.のプレジデントとCEOを兼任しました。 1979年8月から1994年12月までは、同社のヨーロッパ地域の戦略および事業開発担当バイスプレジデント、マーケティング担当バイスプレジデント、財務担当バイスプレジデントなど、さまざまな管理職を歴任しました。 現在は、Rosetta Genomics Ltd.の取締役会長を務めているほか、民間企業数社の取締役会にも名を連ねています。 そのほか、子供のリーダーシップおよび技術スキルの開発を推進するイスラエルの非営利組織であるTaasiyedaの会長も務めています。 チェルーシュ氏はテルアビブ大学で経済学と統計学の学士号を、フランスのフォンテーヌブローにあるINSEAD大学で修士号.Bを取得しました。


ガイ・ゲヒト

ガイ・ゲヒト

リード・インディペンデント・ディレクター

Gecht 氏は、2006年からイスラエル会社法に基づき、取締役会および社外取締役の一人として務めています。 ゲヒト氏は2020年より、当社のリード・インディペンデント・ディレクターを務めています。 Gecht氏は現在、ソフトウェアやインターネットテクノロジー企業との企業結合を目的として設立された「ブランクチェック」会社であるE.Merge Technology Acquisition Corp.の共同最高経営責任者です。 2020年6月にE.Mergeを共同設立する前は、2000年から2018年までデジタル印刷技術を専門とする国際企業であるイメージング社(EFI)のエレクトロニクスの最高経営責任者を務めました。 ゲヒト氏は1995年にEFIに入社し、Fiery製品の社長兼ゼネラルマネージャーも務めました。 EFIに入社する前は、インターロシステムズとアップルイスラエルで管理職を務めました。 ゲヒト氏はイスラエル国防軍(IDF)の将校でもあり、エンジニアリング開発チームを管理し、その後IDFのハイテク部門の代理マネージャーを務めました。 ゲヒト氏はロジクール・インターナショナルの取締役会を務めています。 ゲヒト氏は、イスラエルのベン・グリオン大学でコンピュータサイエンスと数学の学士号を取得しています。


ルパル・ホレンベック

ディレクター

ルパル・ホレンベックは2021年から取締役会を務めています。 彼女は最近、オラクルのシニアバイスプレジデント&チーフマーケティングオフィスで、2020年1月まで開催されました。 2018年にオラクルに入社する前は、インテル株式会社に23年以上在職し、直近ではコーポレートバイスプレジデント兼グローバルデータセンターセールス担当ゼネラルマネージャーを務めました。 それ以前は、インテル・チャイナの副社長兼ゼネラルマネージャーを務め、インテルでの勤務を通じてアリゾナ州、カリフォルニア州、シンガポール、北京で働いていました。 世界中のプロの女性の支持者である彼女は、インテルのアジアエグゼクティブ・ウーマン・ネットワークの共同議長を務めるなど、インテル滞在中にいくつかの女性イニシアチブを開始しました。 現在は、南アジアの女性のプロの進歩を可能にすることに専念する非営利団体、ネイスリの創設サークルメンバーです。 ボストン・カレッジで金融と国際研究のBSを、アリゾナ州のサンダーバード・スクール・オブ・グローバル・マネジメントで国際経営の修士号を取得しています。


取締役会長ダン・プロッパー、オセム・インダストリーズ株式会社

ダン・プロッパー

Osem Industries Ltd. 取締役会長

ダン・プロッパーは、2006年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 イスラエルの大手食品メーカーOsemグループの取締役会長である プロッパーは、2006年4月まで25年間、Osemの最高経営責任者を務めました。 1993年から1999年までは、Osem以外に、イスラエルの産業系企業を代表する独立団体であるイスラエル製造業者協会の会長や、同国のすべての民間企業を代表する経済/ビジネス団体を統合するイスラエル経済団体連合会の会長にも就いていました。 イスラエルの産業や経済へのプロッパーの貢献は高く評価されており、1999年のイスラエル工科大学(テクニオン)からの名誉博士号など、数々の栄誉や賞を受けています。 現在は、Osem Investments Ltd.をはじめ、民間企業数社の取締役会に名を連ねているほか、 テクニオンやワイツマン科学研究所、ベングリオン大学(いずれもイスラエルに所在)の理事会のメンバーでもあります。 テクニオンで 化学工学および食品技術の理学士号を主席で取得しています。 2011年には、Bank of Israelの監督委員会の会長に任命されました。


レイ・ロスロック、レッドシール・ネットワークス会長兼CEO

レイ・ロスロック

RedSeal Networks 会長兼CEO

レイ・ロスロックは、1995年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 2000年以降は、イスラエル会社法の下、チェック・ポイントの社外取締役も務めています。 現在は、カリフォルニア州サンタクララに所在するRedSeal Networksの会長とCEOを兼任しています。 1988年、ベンチャー・キャピタルのVenrockに入社、1995年からゼネラル・パートナーを務めてきましたが2013年に退職しました。 そのほか、民間企業数社でディレクターに就任しています。 ロスロック氏は、テキサスA&M大学で工学の学士号、マサチューセッツ工科大学で修士号、ハーバード大学ビジネススクールで修士号.B.A.を取得しました。


組織コンサルタント、タル・シャヴィット博士

タル・シャヴィット博士

組織コンサルタント

タル・シャヴィト博士は、2000年より、チェック・ポイントの取締役会の一員となっています。 イスラエルと米国の企業間の国際的連携を専門とする組織コンサルタントとして、効果的な連携体制を構築するための異文化マネージメントに関するコンサルティング業務にあたっています。 主な業務としては、経営陣との協業による、企業活動の原動力となる組織文化の定義などがあります。 そのほか、市場の変化への適合を目的とした効果的な合併買収や管理職の再定義を通じて、組織の成長重視に焦点を当てた構造改革に取り組む企業数社のコンサルタントを務めています。


エヤル・ウォルドマン

ディレクター

Eyal Waldmanは2020年から取締役会を務めています。 ウォルドマン氏は1999年3月からメラノックス・テクノロジーズの共同創設者、社長兼CEO、取締役会メンバーを務めており、2020年4月にNVIDIAに70億ドルで買収されました。 1999年3月から2013年6月まで、ウォルドマン氏はメラノックスのメラノックス・テクノロジーズの取締役会長を務めました。 1993年3月から1999年2月まで、エンジニアリング担当副社長を務め、1997年に上場した半導体企業であるガリレオ・テクノロジー株式会社の共同創設者を務め、2001年1月にマーベル・テクノロジー・グループ(Ltd)に2.7億ドルで買収されました。 1989年8月から1993年3月まで、ウォルドマン氏はインテルコーポレーションでいくつかのデザインとアーキテクチャ関連のポジションを務めた。 ウォルドマン氏は「IAAインテル功労賞」と「従業員・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。 ウォルドマン氏はまた、いくつかの民間企業の取締役会を務め、以前は務めていました。 2020年にはプリオプスの取締役会にも加わりました。 コンピュータ工学の理学士号、イスラエル工科大学で電気工学の理学士号を取得しています。 2016年6月、ウォルドマン氏はテクニオンから名誉博士号を授与されました。


シャイ・ワイス

ヴァージン・アトランティック・リミテッド 代表取締役

シャイ・ワイスは2018年から取締役会を務めています。 最近、ワイス氏はヴァージン・アトランティック・リミテッドの最高経営責任者を務め、2012年から取締役を務めています。 ワイス氏は、2017年にヴァージン・アトランティック航空の最高商業責任者、2014年に最高財務責任者を務め、2012年から投資パートナーを務めたヴァージン・マネジメント・リミテッドから、ヴァージン・グリーン・ファンドの創設パートナーを務めました。 ヴァージン・グループに入社する前は、消費者製品のマネージング・ディレクター、オペレーション・ディレクター、消費者部門のファイナンシャル・プランニング・ディレクターを含む、英国とヨーロッパ最大のケーブル事業者であるntl:Telewest(現ヴァージン・メディア)でいくつかの上級管理職を務めました。 ニューヨークのコロンビア大学でMBAを、ニューヨーク市立大学バルーク・カレッジで学士号を取得。



×
フィードバック
お客様に最適なエクスペリエンスを提供するため、このWebサイトではcookieを使用しています。 それを得た、ありがとう! 情報をもっと見る