最新のランサムウェアパンデミックから保護を維持する方法の詳細

コンテナセキュリティ用クラウドガード

完全自動化されたコンテナー セキュリティは、ビルドからランタイムまでのセキュリティを備えた DevOps パイプラインに統合されています。 統合ワークロード保護プラットフォームの一部である CloudGuard コンテナーセキュリティは、DevOps の速度でコンテナーの脅威防止を強化します

無料試用リクエスト A デモ

CloudGuardのフロート ヒーロー イメージ1

グループ化アイコン 232x300

セキュリティ

CI/CDからランタイムを通じた脅威防止により、ゼロ・トラスト・セキュリティを実現

分子アイコン

自動化

完全に自動化されたセキュリティ、継続的なスキャンのためにDevOpsパイプラインに組み込まれています

勾配分析アイコン 232x300

どこにでも

CloudGuardワークロード保護の一環として、あらゆるクラウドで利用できます。

コンテナ自己保護

クラウドネイティブワークロードには、DevOps とのステップを維持できるクラウドネイティブセキュリティが必要です。 CI/CDプロセスを自動化して、コンテナセキュリティを自動化し、最小限の権限を持つアクセスを確保し、セキュリティコンプライアンスを維持することが重要です。

CloudGuard のコンテナー セキュリティ ソリューションには、自動的にセキュリティで保護される Kubernetes コンテナーを作成する DevOps を強化する ShiftLeft ツールが含まれています。 CloudGuard は、コンテナ環境全体でポスチャ管理と可視性を提供し、ビルドからレジストリ、およびランタイムを通じてコンテナイメージの保証を提供します。 CloudGuard にはアドミッション コントローラも用意されており、DevSecOps はクラスタ運用のセキュリティ ポリシーとガードレールを簡単に設定できます。

CloudGuardのワークロード保護に対する統一されたアプローチの一環として、このソリューションはK8sネイティブWebアプリケーションとAPI保護の追加機能を備えたアプリケーションファーストコンテナセキュリティを強化します。

K8 ダッシュボード

無料トライアル

コンテナセキュリティ
のベストプラクティス

次世代のコンピューティング プラットフォームであるコンテナは、従来のサーバや仮想マシンを急速に置き換えつつあります。 そのコンテナ ベースの環境がもたらす新たなセキュリティ上の課題とチャンスをご存じでしょうか。

こちらの動画で、コンテナ セキュリティを強化するためのベスト プラクティスをご覧ください。

動画を見る

コンテナ セキュリティのCI/CDの図

コンテナ セキュリティにCloudGuardを使用する理由

K8ポスチャ

  • ポスチャ管理と可視性により、環境内で実行されている内容と構成方法をひとめで把握できます。
  • イメージ アシュアランス: CI ツールを使用して安全でないイメージの展開を防ぎ、DevOps に影響を与えることなくセキュリティのポスチャを確保します。
  • すべてのクラスタ操作を管理するアドミッション コントローラ。 ポリシーとガードレールを設定し、K8 全体で最低限の権限を持つアクセス権を適用します。
  • アクティブなコンテナー脅威の防止のためのランタイム保護。 コンテナライフサイクル全体にわたって、インシデントをリアルタイムで検出してブロックします。
  • 侵入検知は、アカウントアクティビティ、クラスター操作、アプリトラフィックフローを自動的に分析することで、悪意のある行動を特定します。

コンテナセキュリティのユースケース

画像セキュリティスキャン

CloudGuard は、コンテナイメージを構築し、スキャンのセキュリティ保護を継続的に実行し、脆弱性を探す CI/CD パイプラインに統合します。 脆弱性が見つかった場合、情報は推奨される修復手順と共に CLI ツールに送信されます。 他の問題が見つかった場合、CloudGuard は、運用環境に到達する前に、概説された修復手順でパイプラインビルドを停止します。

コンテナ セキュリティ イメージ スキャン スキャン

コンテナ セキュリティ資格情報の公開 SM

資格情報の公開

CloudGuard は、公開された資格情報と、実稼働前にコンテナー内の機密性の高いコンテンツをチェックします。資格情報または脆弱性がハードコードされた場合、CloudGuard は開発パイプラインを停止し、必要な修復手順を提供します。

統合コンテナセキュリティ

CloudGuard コンテナーセキュリティを CI/CD パイプラインに統合することにより、コンテナイメージは、大きな問題になる前に、脆弱性、マルウェア、弱いセキュリティ対策、および公開された資格情報を自動的にスキャンします。 CloudGuard は、DevSec チームが迅速に対応し、開発サイクルを遅くしないように、問題が見つかった場合に修復手順を提供します。

プリプロダクション SM のコンテナ セキュリティ

Citrixのロゴ

「弊社では、CloudGuardを活用して、成長および分散しているクラウドベースのファイル ストレージ環境を保護しています。 CloudGuardのオンデマンドのダイナミック アクセス リースによりアクセス制御が、詳細な監査およびアラート機能によりセキュリティとコンプライアンスが改善されました」

- マニー・ランドロン(Manny Landron)氏、シニア マネージャ、セキュリティおよびコンプライアンス、Citrix社

ライブ デモを予約してCloudGuardをご確認ください

デモをリクエストする

すでにご利用の方は、ログインする、またはサポートにお問い合わせください。

クラウド パートナー エコシステム

AWSのロゴ

ServiceNowのロゴ

Splunkのロゴ

セキュリティを次のレベルへ

DevSecOpsの一般的な事例と、アプリケーション ライフサイクル全体を通じてセキュリティをシームレスに自動化する方法をご覧ください。

使用事例を見る(英語)

コンテナ セキュリティを自動化

すでにご利用の方は、ログインする、またはサポートにお問い合わせください。

2021 Cyber Security Report

最新で緊急の脅威、マルウェアのトレンド、サイバーセキュリティの推奨について

レポートをダウンロード

セキュリティ レポート2021のスクリーンショット

×
フィードバック
お客様に最適なエクスペリエンスを提供するため、このWebサイトではcookieを使用しています。 それを得た、ありがとう! 情報をもっと見る