最新のランサムウェアパンデミックから保護を維持する方法の詳細

DevSecOps(開発者向けセキュリティ オペレーション)

セキュリティ体制を損なうことなく、開発のスピードで新しいアプリケーションを展開できます。 チェックポイントは、現代のアプリケーションに対して自動化された完全なライフサイクルセキュリティを提供します。

セキュリティ評価 API の調査

DevSecOps(開発者向けセキュリティ オペレーション)

開発

アプリケーション開発者アイコン

アプリケーション開発者

ビルド段階でコードを評価し、RESTful API を使用して悪意のあるコンテンツをフィルタリングする

導入

デヴセプス CI/CD アイコン

DevSecOps CI/CD

統合されたクロスプラットフォーム コード スキャンを使用して、DevOps パイプラインにセキュリティを自動展開する

運用

IT セキュリティ アイコン

ITセキュリティ

オンプレミスとクラウドの両方の導入で統一された可視性と運用効率を実現するセキュリティコントロール

課題

DevOps と継続的な配信モデルにより、市場投入までの時間が短縮されます。 ただし、開発、QA、運用の各チームは、セキュリティを製品ライフサイクルに組み込むうえでいくつかの課題に直面します。 彼らは物事を遅くすることを恐れ、統合されたDevSecOpsのベストプラクティスを必要とします。 以前に機能していたセキュリティ アプローチは、最新の DevOps モデルでは機能しません。 これらの古いプロセスには、製品開発とQAの最後にセキュリティリスクのプロセスを手動で確認する必要があります。 このアプローチは、大幅な遅延を引き起こし、現代のアプリケーションでは拡張されません。

DevOpsにおけるCI/CDパイプライン

左シフト: DevOps のチェックポイント セキュリティ ソリューション

チェック・ポイントのソリューションを使用すると、DevSecOpsを実現し、俊敏性を犠牲にすることなく、アプリケーションの開発、導入、実行プロセスにセキュリティとコンプライアンスを組み込むことができます。 チェック・ポイントのDevSecOps自動化ツールを活用すれば、テストだけでなく、セキュリティ ポリシーの適用と脅威の防御も自動化できます。 DevSecOpsチームは、次の4つの方法でセキュリティを自動化し、アプリケーションを強化できます。

DevOpsにおけるCI/CDパイプライン

チェックポイント・ソリューションは、セキュリティとコンプライアンスの保護を開発ライフサイクルに早期に組み込みます。 セキュリティ チェックが展開パイプラインに継続的に統合され、最終的にではなく、DevSecOps はセキュリティの脆弱性を早期に発見して修正することができ、組織の市場投入までの時間を短縮できます。

DevSecOpsのメリット

コンテナ画像スキャン

CI/CD中にコンテナイメージをスキャンし、継続的なセキュリティスキャンで脆弱性を検索します。 脆弱性が見つかった場合、情報は推奨される修復手順と共に CLI ツールに送信されます。 他の問題が見つかった場合、CloudGuard は、運用環境に到達する前に、概説された修復手順でパイプラインビルドを停止します。

詳細はこちら

devsec コンテナー イメージ スキャン図

devsec コンテナー イメージ スキャン図

コードスキャン

CloudGuard は継続的なコード スキャン、セキュリティの問題の検索、および CI/CD パイプラインでの非対応を提供します。 問題が見つかった場合、パイプラインは停止され、CloudGuard は、セキュリティポリシーに合わせて次のステップを修復します。

詳細はこちら

IAC スキャン

カスタマイズ可能なセキュリティ ポリシーと規制に関するセキュリティ ポリシーの両方を自動的に適用します。 CloudGuard は、デプロイ段階で IAC テンプレートと統合し、必須のカスタマイズ可能なルールセットがデプロイ時に適用されるようにします。 CloudGuard は、コンプライアンスとセキュリティ ポリシー要件が満たされていることを確認するために、事前に構成されたルールセット スキャンを実行します。 コンプライアンス違反の問題については、CloudGuard は、運用環境に移行する前に修復手順を提供します。

詳細はこちら

iac スキャン図を開発

資格情報の露出図を devsec します。

資格情報の公開

CloudGuard は、公開された資格情報と、実稼働前にコードリポジトリとコンテナー内の機密性の高いコンテンツをチェックします。 資格情報または脆弱性がハードコードされた場合、CloudGuard は開発パイプラインを停止し、必要な修復手順を提供します。

詳細はこちら

統合セキュリティ

CloudGuard のセキュリティを CI/CD パイプラインに統合することで、コンテナイメージと機能は、大きな問題になる前に、脆弱性、マルウェア、弱いセキュリティ対策、および公開された資格情報を自動的にスキャンします。 CloudGuard は、DevSec チームが迅速に対応し、開発サイクルを遅くしないように、問題が見つかった場合に修復手順を提供します。

詳細はこちら

統合セキュリティ図を devsec

その他の情報

×
フィードバック
お客様に最適なエクスペリエンスを提供するため、このWebサイトではcookieを使用しています。 それを得た、ありがとう! 情報をもっと見る