不確実性を増すサイバー空間で組織の安全を守るには

クラウド型電子メールおよびコラボレーション スイート向けのセキュリティ

Microsoft 365やGoogle Workspaceをはじめ、あらゆるコラボレーション アプリとファイル共有アプリを包括的に保護します。

  • 高度なフィッシング、マルウェア、ランサムウェア攻撃をメールボックスに届く前にブロック
  • 機密性の高い業務データが社外へ流出するのを阻止(DLP)
  • アカウントの乗っ取りを防止し、ユーザの安全性を維持
  • SlackやTeamsを含む、あらゆるビジネス コミュニケーションを保護
  • 電子メール セキュリティにAPI、機械学習、AIを実装した初のソリューション

デモをリクエストする 無料トライアル

* 旧称CloudGuard SaaS

Harmony Email & Officeアプリケーション クラウド

電子メールおよびコラボレーション セキュリティのフロート ヒーロー イメージ

電子メール セキュリティを変革

Harmony Email & Collaborationによって電子メール セキュリティが再創造されたのは2015年のことです。当時(そして今なお)、従来型のゲートウェイではクラウドに適応できないためでした。

  • API経由で接続
  • 悪意のある電子メールをメールボックスに届く前にブロック
  • SEGの完全な代替品として機能

ソリューション概要を読む(英語)

Webセミナー: ビジネス メール詐欺によるビジネスへの悪影響を防止する5つの方法

今すぐ登録

電子メールのフローティング アイコン

Harmony Email & Collaboration

フィッシングのアイコン

包括的な保護

クラウド型電子メールやコラボレーション アプリに必要とされる包括的な保護機能

検知アイコン

隙のないセキュリティ

ランサムウェア、アカウントの乗っ取り、BEC、サプライ チェーン攻撃など、他のソリューションが見逃す脅威を確実に検知するAPIベースのソリューション

回転のアイコン

卓越した攻撃の検知率

メールボックスに届くフィッシング攻撃を99.2%削減
クラウド ネイティブ セキュリティよりも30%多くの攻撃をブロック

Omdia: Avananより、電子メール セキュリティ分野のリーダーに選出

レポートを読む(英語)

Omdia 21のフロート イメージ1

製品ツアーを見る

こちらのオンデマンド動画で、Harmony Email & Officeの全機能を直接お確かめください。

動画を見る(英語)

こちらのオンデマンド動画で、CloudGuard SaaSの全機能を直接お確かめください。

ライブWebセミナー: ソーシャル エンジニアリングの歴史、進化、未来

ライブWebセミナー: ソーシャル エンジニアリングの歴史、進化、未来

チェック・ポイントのリサーチ担当バイスプレジデントであるマヤ・ホロウィッツ(Maya Horowitz)が、これまでで最も衝撃的なソーシャル エンジニアリング詐欺、今日のメールボックスで見られるような形態になるまでのその進化の過程、そして近い将来に予想される展開について解説します。

今すぐ登録

不正な電子メールの動作

不正な電子メールは、1通でも組織に大混乱をもたらす可能性があります。 衝撃的な事実からCOVID-19関連のフィッシング攻撃まで、最新の電子メール経由の攻撃の実態をご確認ください

動画を見る(英語) すべてのエピソードを見る(英語)

安全なリモートワークを実現する方法の動画のサムネイル

Check Point Harmonyソリューションで安全なクラウド デジタル トランスフォーメーションを実現したグローバルな化学メーカーのGrace

「当社では、Office 365のクラウド型電子メール ソリューションを利用しているのですが、 導入後3か月ほどで、大量のフィッシング攻撃を受けるという問題に悩まされるようになりました。 そこで、信頼できるパートナーであるチェック・ポイントに依頼し、Harmony Email&Officeを導入したところ、 最初の1時間で運用を開始し、 次の1時間でチューニングを完了、その後すぐに不審な電子メールを検知できるようになりました」

– デビッド・アンティルツ(David Antlitz)氏、セキュリティおよびファイアウォール技術担当グローバル マネージャ、Grace社

Check Point Harmonyで重要な投資データを保護するGimv

「当社では、膨大な数の電子メールで大量の機密データをやり取りしています。 そのため、データ セキュリティは非常に重要な課題です。 サイバー攻撃はもはや、『攻撃を受けるかどうか』ではなく、『いつ受けるか』という事態になっています。 以前は別のプロバイダの製品を利用していましたが、脅威エミュレーションを提供した最初の企業という点を評価してチェック・ポイントのソリューションへの移行に踏み切りました。 チェック・ポイントは一度設定した後は手間いらずのソリューションです。エンド ユーザは、メール ボックスの電子メールは検査済みであり、無事であるという安心感を得ることができています」

– クリストフ・ポッペ(Kristof Poppe)氏、ITマネージャ、Gimv社

チェック・ポイントのHarmony Email & Officeで電子メールを保護するCanal Bank

クラウド テクノロジーは、Canal Bankの戦略において重要な役割を果たしています… Canal Bankは、クラウド型電子メールや生産性向上スイートを狙う脅威に対処するために専用設計されたクラウド サービスであるHarmony Email & Officeの採用に踏み切りました」…「昨年よりHarmony Email & Officeを使用しており、今までに約1,400件のフィッシング攻撃を阻止しています」…「この他にも、約800件のマルウェア攻撃を防いでくれました。… また、当行の電子メール プラットフォームを標的とする脅威を詳細に可視化するレポートも取得できます」

すべてのファイル共有アプリを保護

Harmony Email & Collaborationは、Googleドライブ、ShareFile、OneDrive、SharePoint、Box、Dropboxといった主要なファイル共有サービスをマルウェア、ランサムウェア、東西方向の攻撃から保護し、偶発的または悪意のあるデータ漏洩を防止します。

拡張性に優れたクラウド ベースの仮想環境での動的な分析により、すべての添付ファイルをテスト、実行し、悪意のあるコンテンツがないことを確認します。 Harmonyは、不正活動を直接検知し、脅威が拡散する前にファイルを隔離します。 カスタムのポリシー フィルタにより、組織単位での設定が可能です。

Harmonyによって各ファイルはスキャン、分析され、不正なリンクが見つかった場合はすべてのファイル共有アプリにわたってブロックされます。 URLブロック リストの複数の主要なデータ ソースを活用し、すべてのファイル内のすべてのリンクがドメインと個別ページの両レベルで測定されます。

すべての共有アプリを保護

コラボレーション セキュリティ

コラボレーション セキュリティ

SlackやMicrosoft Teamsのようなコラボレーション ツールは本質的にはセキュリティが確保されていないため、組織やデータは常にリスクにさらされます。 Harmony Email & Collaborationは、マルウェア保護、URL保護、DLP、コンプライアンス ツールなど、企業のセキュリティに必須とされるクラス最高レベルのセキュリティ レイヤを追加します。

Harmonyは、機密データへのアクセスを制御し、悪意のあるコンテンツを隔離して、セキュリティ イベントをユーザに通知します。

同時に、アプリ内のセキュリティ上の問題点が利用状況とともにダッシュボードに詳細に表示されるため、管理者は常に最新状況を把握できます。 Harmonyは、ユーザ、ファイル、共有、リンク、ログイン、チャネル、脅威検知の総数をログに記録します。

Check Point Harmonyを構成するコンポーネント

ユーザ、デバイス、アクセスに特化した業界初の統合セキュリティ ソリューション

Check Point Harmonyは、6つのセキュリティ製品を1つに統合。リモート ユーザを保護する妥協のないセキュリティ機能を、調達、運用、管理の容易な単一のソリューションとして提供します。

詳細はこちら 動画を見る(英語)

Harmonyの動画のサムネイル

組織のセキュリティ ギャップを5分で確認

Harmonyレポート ページ

オンラインで実施できるリモート ワーカーのセキュリティ アセスメントで、組織に潜むセキュリティ ギャップとその解消方法を把握しましょう。次のような項目を確認できます。

  • エンドポイントのランサムウェア対策状況
  • インターネット アクセスに伴うリスク
  • リモート アクセス戦略の堅牢性
  • Office 365とG Suiteの保護レベル
  • モバイル関連攻撃に対する脆弱性

申し込む 動画を見る(英語)

Office 365およびG Suite向けの5つの必須の保護機能

最後のエピソードとなるパート8では、Office 365およびG Suite向けの5つの必須の保護機能について説明します。それぞれ、COVID-19の影響でリモートワークが急速に普及した結果として昨今増加しているフィッシング、マルウェア、データ漏洩、アカウントの乗っ取り、内部の脅威に対処します。

動画を見る(英語) すべてのエピソードを見る(英語)

安全なリモートワークを実現する方法の動画のサムネイル

ZTNAの購入者向けガイド

最も重要な資産を保護するためのゼロ トラストの基本事項

購入者向けガイドをダウンロード(英語)

Harmonyを支えるThreatCloud

チェック・ポイントが提供する全製品の頭脳として機能するThreatCloudは、最新のAI技術とビッグ データに基づく脅威インテリジェンスを組み合わせて高度なサイバー攻撃を防御しつつ、誤検知を最小限に抑えます。

詳細はこちら 動画を見る(英語)

ガートナー社2022年「Market Guide for Zero Trust Network Access」

リモート、クラウド、BYODの時代に求められるゼロ トラスト

ガイドを入手(英語)

ガートナー社のZTNAのマーケット ガイド

Harmony Email & Officeを体験する準備はできましたか?

来るサイバー パンデミックに備えて
組織を守る方法を理解しましょう。

詳細はこちら

×
  フィードバック