安全なリモート アクセスVPN

現在リモートワークを実施されている方も、これから実施する準備をされている方も、ぜひご相談ください。

安全なリモート アクセス

チェック・ポイントのリモート・アクセス・ソリューションは、移動中または外出先から企業ネットワークやデータへの安全でシームレスなリモート・アクセスを提供します。 あらゆるデータをやり取りする際、複数ファクタによる認証、エンドポイント・システムのコンプライアンス・スキャン、暗号化を実施できるため、企業情報の機密性と完全性が確実に保護されます。

リモート アクセスVPNとは

リモート アクセスVPNは、企業ネットワークとリモート デバイス/モバイル デバイスを安全に接続し、ユーザがほとんどどこからでもネットワークにアクセスできるようにする技術です。

安全なリモート アクセス ソリューションを使用すると、本社、支社・支店環境、リモート環境に所在するユーザや、外出中のモバイル ユーザで構成されるグローバルなバーチャル チームの共同作業を促進できます。

通常、VPNに接続する各ホストでは、VPNクライアント ソフトウェアをインストールするか、Webベースのクライアントを使用します。 次の技術により、機密性の高い情報の秘匿性と完全性が守られます。

  • 複数ファクタ認証
  • エンドポイント システムのコンプライアンス スキャン
  • 転送するすべてのデータの暗号化

Guide to Implementing Secure Remote Best Practices
During Coronavirus

安全なリモート・アクセス

VPNを使用して、通信の秘密を守りながら
どこからでも安全にデータにアクセスできます。

ユーザの利便性を向上

デバイスを問わず安全に接続できます。

統合

ポリシーの設定とVPNイベントの確認を
単一のコンソールで行えます。

リモート アクセス製品

リモート アクセス機能は、チェック・ポイントのすべてのネットワーク ファイアウォールに組み込まれています。 クライアント/サイト間VPNを設定するか、任意のブラウザで接続先のSSL VPNポータルを設定します。

IPsec VPN

VPNクライアントを使用して、企業ネットワークにフル アクセスできます。

SSL VPNポータル

VPNクライアントをインストールせずに、Webベースのアクセスを行うことができます。

WindowsおよびMac用リモート・アクセス・クライアント

  • VPNクライアント
  • VPN Auto-Connect
  • 複数ファクタ認証のサポート
  • 安全なホットスポット登録
  • コンプライアンス・スキャン
  • 集中管理

データシートを見る

Windows用リモート・アクセス・クライアント

(Windows 7、8.1、10)

macOS用リモート・アクセス・クライアント

(macOS 10.14、10.15 and BigSur 11)

Capsule Connect

  • IPsec/SSL VPN
  • 省電力
  • 企業リソースへの安全なリモート・アクセス
データシートを見る

Connect for Android

(Android 4以降)

Connect for iOS

(iOS 5.0以降)

Capsule Workspace

  • セキュア・コンテナ
  • 単一のコンソールから
  • 業務データと個人データを分離
  • 業務アプリケーションへの安全なアクセス
  • MDMと連携して動作
データシートを見る

Workspace for Android

(Android 4以降)

Workspace for iOS

(iOS 5.0以降)

モバイル・アクセス(SSL VPNポータル)

  • IPsec VPN
  • VPN Auto-Connect
  • 複数ファクタ認証のサポート
  • 安全なホットスポット登録
  • コンプライアンス・スキャン
  • 集中管理
管理者ガイドを見る

リモート・ワーカーのための効果的なセキュリティ対策

不確実な時代のベスト・プラクティス

お困りですか?

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

来るサイバー パンデミックに備えて
組織を守る方法を理解しましょう。

メリット

Secure access to corporate resources while traveling or working remotely

  • Full IPsec VPN connectivity for strong authentication and data integrity
  • Endpoint compliance scanning protects from malware and intrusions

Simple user experience

  • Seamless roaming between networks and automatic session configuration
  • Re-establishes lost connections by automatically switching connection modes

Integrated into Check Point Software Blade Architecture

  • Activate endpoint remote access protection on any Check Point gateway
  • Centrally-managed endpoint solution

特長

VPN Auto-Connect

VPN Auto-Connectは、接続モードの自動切り替えにより、切断された接続を再確立します。異なるネットワーク(LAN、Wi-Fi、GPRSなど)間のローミング中や断続的な接続環境の使用中、またはスリープ・モードから復帰させたときに認証をやり直す必要はありません。


Multi-Factor Authentication Support

The Endpoint Remote Access VPN Software Blade offers comprehensive authentication, including:

  • Username and passwords (including cached passwords)
  • SecurID
  • Challenge / Response
  • CAPI software and hardware tokens


Secure Hotspot Registration

With secure hotspot registration, administrators can selectively grant access to hotspot registration sites. Hotspot registration pages are loaded automatically for the user.


Integrated into Check Point Software Blade Architecture

The Endpoint Remote Access VPN Software Blade is integrated into the Software Blade Architecture. Endpoint Security Software Blades from Check Point bring unprecedented flexibility, control and efficiency to the management and deployment of endpoint security. Choose from six Software Blades to deploy only the protection you need, with the freedom to increase security at any time from a single central management console.

IPsec VPN

Check Point Endpoint Remote Access VPN Software Blades support full IPsec VPN connectivity for strong authentication, data integrity and confidentiality. NAT-T standard support enables traversing between static and dynamic Network Address Translation (NAT) devices.


Compliance Scanning

With compliance scanning, endpoints are automatically scanned for malware and suspicious activity to ensure compliance with corporate security policies. Failing endpoints can be directed to remediation.

As an example, administrators can ensure that endpoints are free of malware and have the latest service packs installed before granting access to corporate resources.


Central Management

The Endpoint Remote Access VPN Software Blade is centrally managed by the Endpoint Policy Management Software Blade, enabling central policy administration, enforcement and logging from a single, user-friendly console. Centralized management offers unmatched leverage and control of security policies and multiple deployment options offer easy installation and minimize user impact, for a reduced overall cost of operations.


Learn More

仕様

Operating SystemsMicrosoft Windows 10 32/64-bit
Microsoft Windows 8.1 32/64-bit
Microsoft Windows 8 32/64-bit
Microsoft Windows 7 32/64-bit
Mac OS X 10.8, 10.9, 10.10, 10.11, 10.12
Client Language Support
LanguagesEnglish
Czech
French
German
Italian
Japanese
Polish
Russian
Spanish
Gateway Support
Check Point GatewaysCheck Point Appliances
Open Servers