最新のランサムウェアパンデミックから保護を維持する方法の詳細

IoTネットワークおよびデバイス向けセキュリティ

ビジネス、医療、および産業用途でモノのインターネット(IoT)デバイスを使用すると、生産性が向上する反面、新たなセキュリティ脅威にさらされることにもなります。

IoT Protectなら、IPカメラからスマート エレベーター、医療機器、産業用コントローラまでを狙う、ネットワーク ベースの攻撃やデバイス レベルの攻撃から企業を保護できます。

デモソリューションの概要をリクエスト する

Quantum IoT Protectのフローティング アイコン

Quantum IoT Protect

場所を問わず 脅威に適応し、 防御

ネットワーク上のあらゆるIoTデバイスを識別してそのリスクを評価し、ゼロ トラスト セグメンテーションによりIoT/OTデバイスへの(およびデバイスからの)不正アクセスを阻止するとともに、業界をリードする脅威対策セキュリティ サービス、300を超えるIPSシグネチャ、オンデバイスのランタイム防御によりIoTデバイスへの悪意のあるトラフィックをブロックします。

速度計アイコン 232x300

IoTの発見と
リスク分析

ネットワーク内で管理下にないすべてのIoTデバイスとそのリスクを明確化

ネットワーク アイコン 232x300

ゼロトラスト
セグメンテーション

ゼロ トラスト ポリシーを実施して不正アクセスやシステム間の移動を阻止

盾アイコン 232x300

IoT
脅威対策

仮想パッチ適用とリアルタイムのIoT脅威インテリジェンスにより、既知およびゼロデイの攻撃をブロック

IDCのロゴとスポットライト

IoT セキュリティ ガイド: 課題とソリューション
ネットワークやデバイスに対するサイバー攻撃を防止し、対策を講
じます。

ガイドをダウンロード

サイバー攻撃からIoTデバイスおよびネットワークを保護

IoTセキュリティに関する全世界向けセッションの動画のサムネイル

企業の63%、産業組織の92%、医療機関の82%がIoTを利用している今日、ほぼすべての組織がサイバー攻撃のリスクにさらされています。 IoTデバイスによって業務が効率化する一方で、 IoTデバイスをネットワークに接続すると、攻撃対象範囲が拡大し、ハッカーの侵入経路が増えてしまいます。

以下のアプローチを通じて、フィッシング、ランサムウェア、仮想通貨のマイニングなど、IoTを狙ったサイバー攻撃を防ぐためのセキュリティ戦略を導入する方法を説明します。

  • IT/OTネットワークにおけるIoTセキュリティ リスクを特定
  • ポリシーを作成してIoTデバイスを迅速に保護
  • ネットワーク ベースの攻撃とデバイス レベルの攻撃から保護
動画を見る

ビジネス、医療、産業向けQuantum IoT Protect

Quantum IoT Protectは、IoTを狙ったサイバー攻撃を防ぎ、スマート オフィス、スマート ビルディング、医療環境、産業環境全体にわたってあらゆるIoT/OTデバイスに適合するセキュリティを実現します。

デバイスごとにカスタマイズされたゼロ トラスト ポリシーを実現するため、Quantum IoT Protectは以下を使用します。

  • リアルタイムの脅威インテリジェンス
  • 60に上る革新的なセキュリティ サービス
  • 進化し続けるサイバーフィジカル空間に対応した、エンドツーエンドの包括的な防御重視の戦略を実現するオンデバイスのランタイム防御
動画を見る

IoT Protectの動画の画像

あらゆるIoT環境に対応

スマート オフィス、スマート ビルディング、医療環境、産業環境全体にわたって数千ものIoTデバイスを保護します。

企業用IoT

医療用IoT

産業用IoT

IoTデバイス メーカー

IoTリスク分析

ご利用のデバイスに関連するあらゆるリスクをいつでも評価

IoTネットワーク検知、ファームウェア リスク評価、脅威インテリジェンスに基づくリアルタイムのリスク分析です。

単一のコンソールから、リスク レベルに基づいて分類されたIoTデバイスをすべて確認できます。 デバイスごとにリスク分析をドリルダウンすることも可能です。

IoT Security Checkupを受ける

ゼロ トラスト セグメンテーション

ゼロ トラストを実施してIoT関連の攻撃対象範囲を最小化

  • ゼロ トラスト イン ソース: IoTデバイスへの不正アクセスや悪意のあるトラフィックの送信を阻止
  • ゼロ トラスト イン デスティネーション: 感染デバイスからのネットワーク内の水平移動や不正サイトへのアクセスを阻止
  • 自動生成されたポリシー: リスクを最小限に抑えながら、膨大な時間をかけて手動でポリシーを設定する手間を排除
  • 1,500のIoT/OT
    プロトコルとコマンドを表示し、制御

IoT脅威対策

既知およびゼロデイのIoT関連の攻撃をブロック

ネットワーク ベースの攻撃とデバイス レベルの攻撃の両方に対処する、IoTセキュリティ保護機能が自動的に有効になります。

ThreatCloudのロゴのアイコン 150x150
IoT専用の脅威インテリジェンス

世界規模でカバーする1億台ものエンドポイント、ゲートウェイ、IoTデバイス間で共有される脅威インテリジェンスにより、IoTを狙う脅威の最新動向を把握できます。

バンドエイド アイコン 150x150

仮想パッチ適用

物理的なパッチ適用を必要とせずに、脆弱なデバイスを既知のエクスプロイトから保護します。 300を超える防御シグネチャで、IoTを狙うネットワーク ベースの攻撃に対抗します。

IoT Protectのオンデバイス セキュリティ カメラ

オンデバイスランタイム
セルフプロテクション

IoT Nano Agentにより、侵害される前にデバイス レベルの攻撃に対処します。

無料でIoTファームウェアのリスクを評価

ご利用のIoTデバイスに固有のセキュリティ上のあらゆる欠陥と、迅速に対処するための手順をまとめた詳細レポートを取得できます。

無料評価を開始

IoTセキュリティ リスク評価

IoT Protectの概要動画の再生のグラフィック

IoTのセキュリティ ギャップ

IoTデバイスは本質的に脆弱で、保護が不十分であるため、サイバー攻撃の格好の標的となっています。 攻撃者は、こうしたデバイスを侵害または悪用して他の重要なシステムに感染する新たな手法を常に模索しています。 攻撃者に遅れを取らないよう対策を講じて、すべてのデバイスを保護することが重要です。

動画を見る(英語)

ネットワークおよびIoTデバイスを狙うサイバー攻撃を阻止

IoTセキュリティが成り行き任せであってはなりません。 Quantum IoT Protectを使用して、必要な可視性とセキュリティを確保しましょう。

動画を見る

「IoTを狙うサイバー攻撃の阻止」の動画

主要なIoT検知プラットフォームとの緊密な統合

幅広いサードパーティによるIoT検知プラットフォームとの統合により、チェック・ポイントのソリューションは、さまざまなIoT環境にわたって10万以上のデバイス プロファイルをサポートしています。 戦略的パートナーおよびテクノロジー パートナーの製品は、IoT Protectと統合されています。 戦略的パートナーの製品は、チェック・ポイントの製品カタログで購入できます。

戦略的パートナー

Armisのロゴ

Clarotyのロゴ

Medigateのロゴ

Ordrのロゴとタグライン

テクノロジー パートナー

CyberMDXのロゴ

Cynerioのロゴ

Tenableのロゴ

SCADAfenceのロゴ

エンタープライズ IoT のサイバーセキュリティ

スマート ビルディング/スマート オフィス デバイスを保護して、企業を狙ったスパイ活動や業務中断を阻止

モノのインターネット(IoT)デバイスを企業ネットワークに接続すると、明確なメリットがもたらされると同時に、新たなセキュリティ脅威にさらされることにもなります。

IPカメラからスマート エレベーター、ルータ、HVACシステムまで、IoTデバイスは本質的に脆弱であり、ハッキングも容易です。 しかも、こうしたデバイスの多くは企業の管理下にない(企業ネットワークに接続されていることを企業が把握していない)シャドー デバイスです。

攻撃者に遅れを取らないよう、ITシステムと同様にIoTも保護してください。

ソリューション概要を読む(英語)

医療用IoT向けサイバー セキュリティ

あらゆるコネクテッド デバイスを保護し、患者の安全と医療サービスの継続性を確保

IoTデバイスや医療機器を臨床ネットワークに接続すると、医療機関の業務効率とサービス品質が向上します。 ただし、新たなセキュリティ脅威にさらされるリスクも生まれます。

輸液ポンプから患者モニタ、MRI装置、医療用冷蔵庫、さらには車椅子まで、パッチ未公開のソフトウェアで動作する多くのコネクテッド デバイスは設定ミスの可能性が無視できず、安全とは言えない通信プロトコルを使用しています。 こうした欠陥により、重要なデバイスをシャットダウン、破壊、操作、利用してネットワーク上の他のシステムに感染するサイバー攻撃のリスクが高まっています。 その主目的は患者データ(PHI)の窃取やランサムウェア攻撃の目標確保です。

今こそ対策を講じるときです。

ソリューション概要を読む(英語)

セキュリティ・ヘルスケアのウェブページへ

医療現場における医師とタブレットの画像

産業用制御システムの画像

産業用制御システム向けサイバー セキュリティ

運用技術(OT)を保護して産業オペレーションの安全性と完全性を確保

産業用制御システム(ICS)のインターネットへの接続性向上とOT/ITネットワークの融合により、製造施設や重要なインフラ施設を狙った攻撃の対象範囲は拡大しています。

攻撃者は、コントローラに送信されるコマンドを改ざんし、コントローラの論理シーケンスやセンサーの読み取り値を変更して、産業プロセスを中断させることができます。 当初はこうした中断はわずかなもので、検知が困難な場合もありますが、時間が経つにつれてプロセスに及ぼす影響が拡大していきます。

ソリューション概要を読む(英語)

ICS WEB ページに移動する

IoTデバイス メーカー向けセキュリティ

オンデバイスのファームウェア セキュリティにより、コネクテッド デバイスの強力な最終防衛ラインを構築

組込みデバイス メーカーは、サードパーティのサプライ チェーン コンポーネント、旧バージョンのファームウェア、新たに発見されたファームウェアのCVE、国家が関与するバックドアに由来するセキュリティ脅威から保護されたデバイスをお客様に提供することを目指しています。
お客様の信頼を獲得、維持するため、各メーカーは、ファームウェア固有のリスクを可視化するとともに、ファームウェアへの攻撃をリアルタイムでブロックするオンデバイスのランタイム防御を必要としています。

ソリューションの概要を確認する オンデバイス セキュリティ ページに移動する

カメラ付きドローン

お客様の声

チェック・ポイントのIoT向けセキュリティ ソリューションQuantum IoT Protectを体験

専門家に問い合わせる

営業担当者に問い合わせる

価格を確認する

パートナーを探す

2021 Cyber Security Report

最新で緊急の脅威、マルウェアのトレンド、サイバーセキュリティの推奨について

レポートをダウンロード

2021 Cyber Security Report

×
フィードバック
お客様に最適なエクスペリエンスを提供するため、このWebサイトではcookieを使用しています。 それを得た、ありがとう! 情報をもっと見る