SandBlast for Education

生徒や学校を保護し、地域社会を支援。

デジタル技術は、教育業界にも変革をもたらしています。インターネットのおかげで、生徒たちがアクセスできる情報や知識は格段に増え、学区の運営も効率化されました。しかし残念ながら、それと同じ技術が学校を標的にしたサイバー攻撃を可能にしています。SandBlast for Educationは、生徒たちに悪影響を及ぼすインターネット上の脅威を防ぎます。

Webinar: Advanced Threat Prevention for Digitally Connected Schools

デジタル化された
学校の課題を解決

デジタル時代は、私たちの生活、仕事、遊び、学びのほとんどすべての側面を一変させました。現代の教員は、教室での授業と、Webサイトやアプリ、学習ゲームなどのツールを活用したオンライン学習を組み合わせて教育を行っています。生徒たちも、特定の科目について広く理解するために、教科書以外の知識にも手軽にアクセスするようになりました。しかし、デジタル化した授業では、生徒たちがオンラインにアクセスする際に以下のようなリスクが生じます。

生徒がオンラインの不適切なコンテンツにアクセス

不適切なコンテンツ

攻撃的、有害、不適切なウェブサイト・コンテンツにアクセスする可能性

生徒がオンラインで行われるネットいじめに遭う

ネットいじめ

ソーシャル・ネットワークでのネットいじめに遭うリスク

生徒がフィッシング・サイトで個人情報を漏洩させてしまう

フィッシング

フィッシング・サイトで意図せず個人情報を漏洩させてしまう可能性

児童インターネット保護法(CIPA)

米国の児童インターネット保護法(CIPA)では、この法律の対象となる学校と図書館に対し、インターネットの安全な利用に関するポリシーを導入するよう義務付けています。これは、コンピューター使用時に表示される不適切なコンテンツや、電子メールやチャットなどの電子的なコミュニケーションから生徒を保護するための重要な条項です。また同法は、学校に対し、インターネット上での適切な行動や、ネットいじめの啓発と対処方法について、生徒たちに教育を行うよう義務付けています。

サイバー・セキュリティと学校

ハッカーは、見返りが大きく、なおかつ攻撃が容易な組織や業種をサイバー攻撃の標的に選んでいます。サイバー・セキュリティ対策の導入状況を調査したあるレポートでは、主要17業種のうち教育業界が最も対策の進んでいない業種に挙げられていました1。またネットワークに膨大な個人情報を蓄積しているという点も、学校がサイバー攻撃に狙われやすい理由となっています。ある報告によると、米国の公立学校では、2016年以降、447件のサイバー・セキュリティ・インシデントが 発生しています2

また、次のように憂慮すべきデータもあります。

  • 7~18歳の70%は、宿題のためのWeb検索で意図せずオンライン・ポルノにアクセスしてしまった経験がある3
  • 米国の 13~19歳の59%は、オンラインでいじめや嫌がらせを受けた経験がある4
  • 流出した生徒の個人情報は、闇市場で1件あたり250~350ドルで売買されている5

チェック・ポイントは、学校組織がこのような問題にプロアクティブに対処できるよう支援するソリューションを提供しています。

1 “Education ranked worst at cybersecurity out of 17 major industries,” by Betsy Foresman, edscoop, December 17, 2018
2 “On the Map,” EdTech Strategies, 2019
3 “Internet Statistics,” GuardChild, 2019
4 “A Majority of Teens Have Experienced Some Form of Cyberbullying,” by Monica Anderson, Pew Research Center, September 27, 2018
5 “Education ranked worst at cybersecurity out of 17 major industries,” by Betsy Foresman, edscoop, December 17, 2018

SandBlast for Education:
教育現場でのインターネットの安全な利活用を支援

安全確保

学校支給のChromebookで、安全で低リスクなインターネット利用環境を実現

監視とアラート

生徒たちのインターネット上での行動を監視し、必要に応じてアラート

保護

学校のITインフラをセキュリティ脅威から保護

ネットいじめを阻止: 生徒を守るためには
コミュニティの力が必要

SandBlast for Educationの詳細

特長とメリット

チェック・ポイントのSandBlast for Educationは、生徒を標的にしたオンラインでの不正な行為を防止するために開発された、シンプルながら強力なセキュリティ・ソリューションです。Chromeブラウザの拡張機能であるためインストールが容易で、G Suite for Educationや学校または学区に導入されている既存のサイバーセキュリティ・インフラとシームレスに連携して動作します。

安全なWebアクセス環境を提供

広範囲をカバーするURLフィルタリング機能で、Chromeブラウザから直接、不適切または有害なWebコンテンツにアクセスすることを防止。Google、YouTube、Bing、Yahooのセーフサーチ機能を強制的に適用しつつ、他の検索エンジンの使用をブロックします。

CIPAに準拠

教育機関がCIPA(児童インターネット保護法)に準拠できるよう支援。CIPAでは、生徒たちを有害なオンライン・コンテンツから保護するために、インターネット・フィルタとその他の対策の導入が義務付けられています。

ソーシャル・ネットワークでのネットいじめを防止

攻撃的な単語の投稿を禁止してネットいじめの加害者になることを阻止。同時に、攻撃的な単語を含むページをブロックしたり、そうしたページの一部を除去したりすることで、ネットいじめの被害者になることを防ぎます。

G-Suiteを導入している学校向けのソリューション

教育機関に導入済みのITインフラと透過的に統合。学校支給のChromebookを校内や校外で使用する高校年代までの生徒を保護します。G-Suiteから、一元的に設定および管理可能です。

個人情報を保護

生徒をだまして個人情報やプライベートな情報を提供させようとするフィッシング・サイトを動的に検知してブロックします。

不正なファイルのダウンロードから生徒を保護

ダウンロードされた文書から不正なコンテンツを除去、または安全なPDFファイルに変換します。

学校の認証情報の使い回しを防止

学校の認証情報を信頼できないWebサイトで使い回すことを禁止します。

統合セキュリティ・インフラ

Check Point Infinityは、完全統合型の革新的なサイバー・セキュリティ・アーキテクチャです。第5世代の高度なサイバー攻撃や今後出現するセキュリティ脅威から、ネットワーク、エンドポイント、クラウド、モバイルの各環境を保護する比類ないセキュリティを提供します。Infinityは、ネットワークに接続されるデバイスの増加と非効率的なセキュリティが引き起こす複雑さを解決できるように設計されています。

お問い合わせ

ご不明な点がありましたら、チェック・ポイントの営業担当者までお問い合わせください。