Google Cloud向けセキュリティ

Google Cloudのセキュリティを改善: GCPプロジェクトのセキュリティとコンプライアンス管理を簡素化

cloudguard-logo-main-1.png

ネットワーク資産とトポロジを強力に視覚化してセキュリティ状況を評価

ソフトウェアのインストールやエージェントの導入は不要、5分以内にセットアップ可能

クラウドにネイティブ対応し、エージェントを必要としないセキュリティ技術でクラウド上のあらゆる資産を保護

コンプライアンスとセキュリティ強化のための自動化フレームワーク

CloudGuardは、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)という全世界の企業向けパブリック クラウド サービスの主要3種すべてとのAPI対応の統合を実現した、業界初のIaaSセキュリティ サービスです。 GCPのお客様は、CloudGuardの強力な可視化機能とコントロール ファブリックを用いて、パブリックおよびマルチクラウド インフラストラクチャ環境全体のセキュリティをシームレスに管理し、コンプライアンスを継続的かつ自動的に達成できるようになります。 CloudGuardの強力な機能でGoogle Cloudのセキュリティを改善してください。

CloudGuardのプラットフォームをお試しください。

  • CloudGuard Clarityは、セキュリティ担当者や運用担当者が、ネットワーク ファイアウォールおよびタグのほか、Google Compute Engineの仮想マシン、ロード バランサー、データベース サービスなどのネットワーク上の資産を分析して、GCP環境のネットワーク セキュリティ状況を可視化、評価できるようにします。
  • Google Cloudのプロジェクトとリージョン全体にわたってセキュリティ ポリシーに対する変更を検知および監査し、Google Cloudのセキュリティ イベントを相関分析して、コンプライアンスの状況を継続的に監視します。
  • ダウンタイムや高額な損失に至る侵害につながる設定ミスや脆弱性を迅速に特定し、プロアクティブな解決を可能にします。
  • CloudGuard Compliance Engineの自動化フレームワークは、コンプライアンスとセキュリティ強化を管理します。
  • ビジネス ニーズに合わせたカスタムのガバナンス ポリシーを指定および適用できます。

CloudGuardを

Already a customer? Login or contact support.