IoT向けサイバー セキュリティ

チェック・ポイントは、業界で最も包括的なIoT向けサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供します。 チェック・ポイントのIoTソリューションは、スマート・オフィス、スマート・ビルディング、産業界、医療業界など、さまざまな環境に合わせて開発されています。

IoTデバイスを開発する場合でも組織に導入する場合でも、チェック・ポイントのソリューションがIoTのサイバー・リスクを最小限に抑え、今後のサイバー攻撃を防ぎます。

企業用IoT向けサイバー セキュリティ

スマート ビルディング/スマート オフィス デバイスを保護して、企業を狙ったスパイ活動や業務中断を阻止

モノのインターネット(IoT)デバイスを企業ネットワークに接続すると、明確なメリットがもたらされると同時に、新たなセキュリティ脅威にさらされることにもなります。

IPカメラからスマート エレベーター、ルータ、HVACシステムまで、IoTデバイスは本質的に脆弱であり、ハッキングも容易です。 しかも、こうしたデバイスの多くは企業の管理下にない(企業ネットワークに接続されていることを企業が把握していない)シャドー デバイスです。

攻撃者に遅れを取らないよう、ITシステムと同様にIoTも保護してください。

医療用IoT向けサイバー セキュリティ

あらゆるコネクテッド デバイスを保護し、患者の安全と医療サービスの継続性を確保

IoTデバイスや医療機器を臨床ネットワークに接続すると、医療機関の業務効率とサービス品質が向上します。 ただし、新たなセキュリティ脅威にさらされるリスクも生まれます。

輸液ポンプから患者モニタ、MRI装置、医療用冷蔵庫、さらには車椅子まで、パッチ未公開のソフトウェアで動作する多くのコネクテッド デバイスは設定ミスの可能性が無視できず、安全とは言えない通信プロトコルを使用しています。 こうした欠陥により、重要なデバイスをシャットダウン、破壊、操作、利用してネットワーク上の他のシステムに感染するサイバー攻撃のリスクが高まっています。 その主目的は患者データ(PHI)の窃取やランサムウェア攻撃の目標確保です。

今こそ対策を講じるときです。

産業用制御システム向けサイバー セキュリティ

運用技術(OT)を保護して産業オペレーションの安全性と完全性を確保

産業用制御システム(ICS)のインターネットへの接続性向上とOT/ITネットワークの融合により、製造施設や重要なインフラ施設を狙った攻撃の対象範囲は拡大しています。

攻撃者は、コントローラに送信されるコマンドを改ざんし、コントローラの論理シーケンスやセンサーの読み取り値を変更して、産業プロセスを中断させることができます。 当初はこうした中断はわずかなもので、検知が困難な場合もありますが、時間が経つにつれてプロセスに及ぼす影響が拡大していきます。

IoTデバイス メーカー向けサイバー セキュリティ

すぐに利用できる安全なデバイス

IoTを狙うセキュリティ脅威が進化の一途を辿る昨今、IoT/OTデバイス メーカーにとって、セキュリティを強化する以外に選択肢はありません。

競争力を獲得しながら新たな規制に準拠するためには、IoTのイノベーションを解放すると同時に、保護されているという安心感を顧客に提供する必要があります。

チェック・ポイントの革新的なオンデバイスのランタイム自己防御は、セキュリティが組み込まれたコネクテッド デバイスの開発を可能にします。 軽量で組み込みが簡単なIoT Nano Agentにより、その所在地や利用状況に関わらずセキュリティ脅威に対するデバイスの耐障害性が向上するため、安心感が得られます。

IoT向けサイバー・セキュリティ

仕組み

防御アイコン

IoTリスク分析

あらゆるIoT関連のリスクを明確化

導入アイコン

IoT自動セグメンテーション

ポリシーを自動生成および実施

分子アイコン

IoT脅威対策

既知およびゼロデイの攻撃をブロック

業界最大規模のIoT検知のエコシステム

幅広いサードパーティによるIoT検知プラットフォームとの統合により、チェック・ポイントのソリューションは、さまざまなIoT環境にわたって10万以上のデバイス
プロファイルをサポートしています。

チェック・ポイントのIoT向けセキュリティ ソリューションを体験

専門家に問い合わせる