クラウド ネイティブ セキュリティ

  • Security 
  •  Automated 
  •  Everywhere

Check Point CloudGuardは、すべての資産とワークロードを保護する、統合型のクラウド・ネイティブ・セキュリティを提供します。マルチ・クラウド環境のあらゆる場所において、セキュリティの自動化、脅威の防御、セキュリティ状態の管理を実現、徹底できます。

eBook: REIMAGINE CLOUD SECURITY     DOWNLOAD NOW

セキュリティおよびポスチャー管理

セキュリティおよびポスチャー管理

脅威対策と高精度のポスチャー管理

DevSecOpsの自動化

DevSecOpsの
自動化

あらゆるワークロードのDevOpsから本番環境に至るまで、マルチ・クラウドのセキュリティを実現

マルチ クラウド環境のための統合セキュリティ

マルチ・クラウド環境のための
統合セキュリティ

可視化、インテリジェンス、脅威対策を1つのプラットフォームに集約

3,000以上

CloudGuardを利用するお客様

#1

Microsoft Azureのセキュリティ・パートナー

300以上

統合済みのクラウド・ネイティブ・サービス

2,400以上

コンプライアンス・ルールとセキュリティ・ルール

best friends logo

“We selected CloudGuard as it seamlessly integrated into our ever-expanding use of AWS Lambda functions and helped automate security into our serverless infrastructure. CloudGuard also supports us as we move forward with integrating CI/CD pipelines, allowing us to easily and continuously defend our applications.”

- Brent Bain, Lead Cloud Architect and System Engineer at Best Friends Animal Society


gas south logo

"Check Point CloudGuard has been a saving grace for Gas South. It
is the only solution that gives us secure, stable, complete access to our
critical applications and services in Azure."


- Rajiv Thomas, Senior Systems Engineer, Gas South


cadence logo

“When deploying a multi-cloud environment, you need to have a consistent tool that plays across all the platforms. Using the cloud-agnostic CloudGuard service, I only need to train an individual on one set of tools and he can manage our total cloud environment very effectively.”

- Sreeni Kancharla, CIO & Sr. Group Director, Cadence


Previous
Next

自動化された統合セキュリティをどこにでも

統合された1つのクラウド・ネイティブ・セキュリティ・プラットフォームが、大規模環境におけるセキュリティポスチャー管理の自動化、高度な脅威の防御、クラウド上のあらゆるワークロードの可視化と制御を可能にします。

クラウド・ネイティブのための統合セキュリティ

  • 統合セキュリティ・アーキテクチャ: 統合セキュリティ・プラットフォームのCheck Point Infinityが、オンプレミスからクラウドまでカバーするインテリジェントな脅威対策を実現します。
  • 統合されたハイブリッド・クラウド・セキュリティ: AWS、Azure、Google Cloud、Cisco ACI、VMware NSX、Ali、Oracleの各クラウド環境の安全を脅威から守ります。
  • 資産全体にわたる統合された可視化機能: すべてのクラウド・トラフィック、セキュリティ・アラート、各種資産を一元的に可視化、問題の自動修復にも対応します。

クラウド・ネイティブのための統合セキュリティ
ワークロードの保護(コンテナとサーバレス) WebアプリとAPIの保護 クラウド インテリジェンスと脅威ハンティング プライベート/パブリック クラウドのネットワーク セキュリティ

セキュリティおよびポスチャー管理

  • クラウド・ネイティブの多層防御: セキュリティ強化、ランタイム・コード分析、WebおよびAPIセキュリティなどのワークロード保護機能により、ゼロ・トラストの高度な脅威対策を実現します。
  • 包括的なコンプライアンス・エンジン: クラウド・セキュリティの重大な設定ミスを防止し、ポスチャー管理に関するセキュリティおよびコンプライアンスの最新なベスト・プラクティスを適用します。問題の自動修復にも対応します。
  • 高精度のポスチャー管理(HFPM): HIPAA、CIS Benchmarks、NIST CSF/800-53、PCI-DSSなどの規制や業界基準に準拠しており、300を超えるネイティブ・クラウド・サービスに対応したクラウド・セキュリティ機能を提供します。
セキュリティおよびポスチャー管理のダッシュボードのスクリーンショット

DevSecOpsの自動化

  • 自動化で「シフト・レフト」を実現: セキュリティ状態を評価するためのツールセット、設定のガイドライン、アラート、ガバナンス機能をCI/CD中のDevOps担当者に提供します。
  • セキュリティをリアルタイムで導入、拡張: CloudFormationやTerraformなどのCI/CDツールに保護機能と制御機能をシームレスに組み込み、導入前にセキュリティ状態を評価して、数十万に及ぶクラウド資産全体に拡張できます。
  • インテリジェントで適応性に優れるセキュリティ対策: アプリケーションの振る舞いを自動的にプロファイリング、定義して、コンテナやサーバレスなどの各クラウド・ワークロード間にゼロ・トラストの境界を設定します。
DevSecOpsの自動化の図

脅威が高度化する時代の
クラウド・セキュリティ

クラウド・セキュリティに関する目標を達成するためには、従来のあり方を再考して即応性に優れたプロセスを導入し、複雑さの軽減、可視性の最大化、コンプライアンスの自動化を実現することが必要になる場合があります。 新しい包括的なツールを使用すると、これらの課題を解決できるかもしれません。 理想的なクラウド脅威対策を実現し、可能な限り自社のビジネスに適したクラウド・セキュリティ状態を確立する方法をご覧ください。

クラウド・セキュリティの基礎

クラウド向けのネットワーク・
セキュリティ

動的に変化するというパブリック・クラウド環境の特性を活かしながら、自動化された柔軟なパブリック・クラウド向けのネットワーク・セキュリティでクラウド上の資産とデータを保護できます。


詳細はこちら

クラウド セキュリティ状態管理

Visualize and assess security posture, detect misconfigurations, model and actively enforce security best practices, and protect against identity theft and data loss in the cloud.

LEARN MORE

クラウド・インテリジェンスと
脅威ハンティング

クラウドでの侵入検知、ネットワーク・トラフィックの視覚化、クラウド・セキュリティの監視と分析など、高度なセキュリティ・インテリジェンス機能を利用できます。

クラウド・ワークロードの
保護

Provides seamless vulnerability assessment, and delivers full protection of modern cloud workloads, including serverless functions and containers, from code to runtime – automating security with minimal overhead.

LEARN MORE

DevSecOps(開発者向けセキュリティ オペレーション)

Explore popular DevSecOps use cases and learn how to
seamlessly automate security through the entire
application lifecycle.

LEARN MORE

サポートするクラウド プラットフォーム

AWS

Check Point CloudGuardは、Amazon Web Service(AWS)環境向けに包括的なセキュリティを提供します。 クラウド環境とオンプレミス環境にわたってポリシーを適用し、クラウド・セキュリティの状態管理を多様なリソースに拡張するための統合管理機能を備えており、パブリック・クラウド環境におけるセキュリティ状態の可視化と管理、コンプライアンスの自動化、侵入の検知を可能にします。

Azure

CloudGuardを使用すると、Microsoft Azure導入環境でセキュリティとコンプライアンスの自動化を実現できます。 CloudGuard単体で、セキュリティ状態を詳細に可視化して制御できるため、環境の攻撃可能領域を最小化し、クラウドの脆弱性に対する攻撃やアイデンティティ侵害、データ漏洩を防止できます。

GCP

Check Point CloudGuardは、高度な脅威対策セキュリティでGoogle Cloud上の資産やデータを保護しながら、クラウド環境とオンプレミス環境間で安全な接続を実現します。 Google Cloud Platformのネイティブ機能を補完して、クラウド上の資産をシームレスに保護します。

Kubernetes

CloudGuard provides both security and compliance orchestration for Kubernetes clusters. カスタマイズしたルールとコンプライアンス・ポリシーにより、セキュリティを自動化して業界基準の遵守を徹底できます。

VMware

Check Point CloudGuardは、VMwareのネイティブ機能を強化し、脅威に対する統一された可視化機能、一元的なポリシー管理機能、プライベート、パブリック、ハイブリッド・クラウドにわたる統合型のロギングおよびレポーティング機能を提供します。

クラウド・セキュリティを再創造する準備はできましたか?